入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

SSLとは?

  • 株女子「めぐみ」プロフィール
    ──────────────
    大学卒業後、大手企業に入社し経理事務に従事したのちSQIジャパンに入社。現在、女性アナリストを目指しアシスタントを務めながら日々勉強中。 負けず嫌いで男勝りな性格ながら、趣味は料理という女性らしい一面も。

2020年02月10日 〜 2020年02月16日 投稿分
第285回:ようやく携帯料金も値下げしてくれるのかな?
2020年02月10日 17:08
みなさん、こんにちは。株女子めぐみです♪

携帯電話の料金が安くなるのかと思いきや、ちょっと違う様でしたので、まとめてみました!(^^)

2月4日に総務相がNTTドコモに対し、通話回線料の値下げを要請というニュースがありましたね。

私はてっきり、携帯料金がさらにお安くなるのかなと思いましたが、それとは違い、格安スマホのユーザーにとって非常にメリットになりそうな内容でした(^_^;)

格安スマホと言いますと、大手キャリアの回線の一部を借りて、それをお安く利用者に提供している企業ですよね。
格安スマホの利用者が増えてしまうと、借りている一部の回線が混雑して時間帯によってはインターネットがつながりにくい時間帯があるなど、廉価である故のにデメリットも当然あります。
その中でも、大手キャリアと大きく違うのが、電話の通話料金になります。

調べてみると、業界最安級と言われるイオンスマホの場合、通話料は通常20円/30秒(税抜)、ドコモは、16円/60秒(8円/30秒)ですので、2.5倍くらい違いがありまして、よく電話を掛ける人は、格安スマホへ移行する事は出来なかったのですが、今回のニュースで通話料の差が小さくなるようですので、格安スマホへの移行者がさらに増えるかもしれませんね!(^^)

でも、私の場合、お友達とお話する時は大体LINE電話ですので、そこまでの影響があるのかな?

スマホ関連の事調べていると、ウェブの広告に目が行き新しい機種に交換したいなぁと購買意欲が湧いてきます(^^)
スマホと言えば、iPhoneとAndroidの2択ですが、そろそろ有機ELディスプレイのスマホにしたいですね♪

スマホやテレビのディスプレイは、液晶から有機ELが主流になってきていますので、【6740】ジャパンディスプレイや新興企業の【5216】倉元など期待したいですね(^_^;)


それでは、今日はこの辺で失礼します☆