入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

SSLとは?

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
虫の息の【2191】テラが20時過ぎに出したIRは・・
2021年01月07日 09:08
東証から「改善報告書」を7日までに提出するよう“お叱り”を受けていた創薬ベンチャーの【2191】テラですが、追い詰められた同社は6日の20時過ぎに新たなIRを発表しました。

内容としては4日付けで提出された“アセットマネジメント株式会社の大量保有報告”が提出された経緯について。アセット社が同日付で、市場外でテラ株を取得し6.47%を保有する大株主になったことが明らかになっていました。

しかし、この経緯に思わず驚愕。

大株主に浮上した背景には、20年12月17日に取り上げた【【2191】テラ、上場廃止へカウントダウン】にても登場したテラの増資の引受先「CENEGENICS JAPAN社」がアセット社に対してテラ株を担保に借り入れを行い、返済が行われなかった為にCENEGENICS JAPAN社から株式が移る形になった模様です。

上場企業が提出するIRにあるまじきとんでもない内容に投資家は唖然・・と思いきや予想に反して7日の取引で株価は高騰しています。

テラは兼ねてから、CENEGENICS JAPAN社に対して違約金10億円や譲渡代金の要求を主張していますが、このIRを読む限り支払い能力に乏しく回収は難しいと言えます。

これらのIRを受けて東証がどんな判断を下すのか?テラの先行きには注目が集まります。

なお、テラは定期的に人気化する銘柄ですが、くれぐれも売買はなさらぬようご注意下さい。