入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

SSLとは?

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
こんな日のストップ高は要注意!?
2020年10月23日 16:17
お世話になっております。株マイスターの山下です。

本日の大統領選討論会をリスクイベントとみた投資家の確定売りが出たことで足元で高値を更新していたマザーズ指数は連日で4%超の下げ幅をみせる展開に。

マザーズ銘柄、新興株だからというだけで売られている銘柄が散見され、不安になった投資家の方も多かったかと思います。

大統領選討論会は特に波乱なく通過しましたが、下がっているからとりあえず売ると言ったパニック売りの連鎖が起きたことで、多くの銘柄が調整を強いられました。

もっとも地合い要因により下げたものがほとんどであり、後場以降、マザーズ指数の下げ幅が縮小したことで、売られていた銘柄に対して、買い戻しが徐々に見られました。

弊社でお送りさせていただいているレポート等でもお伝えの通り、一時的な下げと見ていますので、保有株に関しては焦らず落ち着いてお取組みいただくことをお勧めいたします。

あまりにも荒れすぎな相場の中、前回のコラムにて取り上げた「鬼滅の刃関連」ですが、なんと逆行高をみせた銘柄が多数。

【9602】東宝は+2.38%、【1491】中外鉱業は+7.89%、【3935】エディアは+3.25%と逆行高。

グッズを手掛ける【7608】エスケイジャパンは一時マイナス圏に沈んでいましたが、プラスに転じて以降、一気に上げ幅を拡大し、なんと引け間際にストップ高をつけています。

買うものがなかった短期筋が値動き良く、思惑がある「鬼滅の刃関連」へ短期資金が向かった模様です。

「鬼滅の刃」の映画の先週末3日間の興行収入は46億円と大ヒットとなっているため、関連銘柄へ物色が進むのも理解できるのですが、先述の通り、買うものがない中での短期的な値幅狙いの恐れがありますので、週明けの動向には注意が必要でしょう。