入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

SSLとは?

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
本日の相場動向に関して 2020/10/27
2020年10月27日 08:50
週明け26日のNYダウは650ドル安。大統領選挙前の利益確定売りが進みダウ、NASDAQ共に大幅安で取引を終えました。

この急落は海外勢の45日ルールに伴った換金売りが主因と見ています。

ファンドは解約できるタイミングを各四半期末に限定しており、期末の45日前までに解約を通告しなければならないというルールがあります。

その為、12月期末の解約に備える為に11月15日頃にかけて換金目的の売りを進めてきますが、今年は直前に大統領選挙があるのでその前に売却しておこうという算段でしょう。

換金売りなので利益の出ている銘柄の売却が優先して行われる事を仮定すると、東証1部に対しては買いがほとんど見られていなかったので下げ幅は限られます。

ただ、足元で高値を更新したマザーズ市場に対しては10月5日週に243億円と、海外勢としては実質的な過去最高の買い越し額を記録していました。

翌10月12日週には366億円という大幅な売り越しに転じており、同じタイミングで国内個人が403億円の買い越しとしているところを見ると、利食い場を作らされてしまったようです。

■上昇していた銘柄は要注意。利確優先の対応を!

コロナの影響を受けて業績の読みにくい主力株は手掛けにくいので、投信が株価を押し上げてきましたが海外勢はさほど動いていません。

特に、個人の資金力では手を出しにくい値がさ株においては、今回の下落の影響はほとんどないでしょう。

反面、海外勢は新興株で稼いでいた可能性が高く影響を強く受けます。換金売りだけでなく、急ピッチで下げたことによる個人の追証売りが新興市場を襲います。

保有株に関しては足元で上昇していた銘柄から売られていくので、利益が出ているものは一度確定。反対に、コロナショックから戻りが限られていた銘柄は今回の売りの影響は限られるので継続保有のまま選挙明けをお待ちいただくと良いでしょう。

イベントを前に無理をする局面ではなく買い手も不在なので資金に余力を作り、選挙明けから銘柄を積極的に買えるように準備を進めるのが今は賢明だと言えそうです。

⇒選挙明けに「買いたい銘柄」はこちら

※上記URLは単発スポットプラン詳細ページとなります。