入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

SSLとは?

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
売買合戦に巻き込まれた【5199】不二ラテックス
2020年11月17日 11:39
コンドーム大手の【5199】不二ラテックスを巡るネット投資家の売買合戦が激化しています。

Twitter上で強い影響力を持ち、旗振り役として活躍した個人投資家のトンピンこと山田亨氏が、9月末時点での不二ラテックスの大株主として名前が浮上したことで人気化。

イナゴ投資家たちの追随買いを集め、株価は11月までのおよそ1ヶ月で「2倍」ほどまで値を伸ばしましたが、足元では急激な調整を見せています。

その理由が数百億の資産を持つという、伝説の個人投資家:cis氏。

10年以上不二ラテックス株を保有していたcis氏ですが、11月10日に謎の急騰と「優秀な社長が交代する恐れがある」という点を理由に売却したとTwitterに投稿。これを受けて、トンピン氏の買いに追随していた個人投資家が一斉に離れる事になり株価が急落しました。

ネット上での売買合戦は“現代の仕手戦”と呼べるかもしれません。

ただ、トンピン氏は6月からTwitterでの活動を停止しており売買の実態はつかめないので、もしかすると大口投資家が競合して売買を進めていたのが不二ラテックス・・ということもあるかもしれません。ネット上で人気化している銘柄には予想だにしないリスクがありますので、くれぐれもご注意下さい。