入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

SSLとは?

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
本日の相場見解に関して 2020/09/09
2020年09月09日 08:13
レイバーデー明け、8日のNY市場は大幅安。NYダウは632ドル安(前日比▲2.25%下落)、NASDAQ指数にいたっては465ポイント安と4%超の下落としています。

前週末と同様に利益確定が進み、主要ハイテク株を中心に売りが波及。ゴールドマンサックスが目標株価を引き下げたアップルのほか、S&P500指数への採用が見送られた電気自動車のテスラが急落し、指数を押し下げました。

足元の急落の背景には、11月末に決算を迎える機関投資家の45日ルールに伴った換金売りも影響しているのでしょう。損益通算を目的に今年の損失を相殺させる為の利確売りが進んでいるものと見ています。

ただ、換金売りの本番は10月に到来する可能性が高く、今回の下げは一時的なもの。日経平均先物の推移を見ると安くスタートし23000円を割り込む恐れがあるものの、日銀のETF買いが下値を支えることになりそうです。

一方で、米長期国債の利回りが低下しており、株式を売却し債券へ資金をシフトするリスク回避の動きが散見されている点も忘れてはいけません。

11月の米国選挙を前に10月にはリスク回避の動きが本格化する見通しです。

ドル建ての日経平均が上値として意識される220ドルを付けている点も、海外勢目線では懸念材料と言えますので高値からエントリーする際は保有数に注意。

利益が出ている持ち株は事前に確定しておき、押し目買いがいつでも入れられるように備えておくと良いでしょう。




【7616】コロワイド:大戸屋HDのTOBが成立の見通し
【1413】ヒノキヤG:ヤマダ電機がTOBを実施
⇒市場での評価に注目。TOB加速に期待。

【2467】バルクHD:クラウド型IT資産管理サービス提供
【3010】価値開発:株主優待制度を再開
【3071】ストリーム:上期経常は3.7倍増益
【3093】トレファク:8月既存店売上高は1.5%増
【3246】コーセーRE:上期経常が27%増益で着地
【3248】アールエイジ:5-7月期経常は52%増益
【3546】アレンザHD:8月既存店売上高は15.1%増
【3690】イルグルム:8月全社売上高は22.8%増
【3798】ULSグルプ:AWS活用推進コンソーシアムを設立
【3901】Mラインズ:8月契約企業数は8社増
【3928】マイネット:サイト自動最適化ツールに新サービス
【4238】ミライアル:5-7月期経常は7%増益
【4563】アンジェス:コロナDNAワクチンの治験開始。米でコロナDNAワクチンの共同研究へ
【5337】ダントーHD:東証が信用規制
【6073】アサンテ:8月売上高は1%増
【6095】メドピア:東証1部に市場変更
【6327】北川精機:4.58%を上限に自社株買いを実施
【6577】ベストワン:法人向け高圧電力の比較サイトを開設
【6757】OSGコーポ:今期経常を45%上方修正
【6862】ミナトHD:非接触赤外線センサーを開発
【7042】アクセスHD:DMソリュと協業開始
【7685】バイセル:遺品整理士認定協会と業務提携
【8198】MV東海:8月既存店売上高は6.7%増




【2163】アルトナー:5-7月期経常は17%減益
【6696】ピースリー:上期経常が赤字縮小で着地
【7196】Casa:上期経常は46%減益で着地
【7618】PCデポ:8月売上高は1.8%減
【8920】東祥:未定だった上期配当は無配転落
【9425】日本テレホン:東証が信用規制
【9632】スバル:上期経常は4%減益で着地