入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

SSLとは?

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
トランプショックに備えてチェックしておく銘柄群は?
2020年10月02日 16:55
お世話になっております。株マイスターの山下です。

2日、14時頃、「トランプ大統領 新型コロナ感染」という驚きの速報が流れました。

それまでプラス圏で推移していた日経平均株価は一気に3ケタの下落。-155円で取引を終えています。

11月3日に控える米大統領選が本格的に意識され、動きづらい状況でしたが、トランプ大統領のコロナ感染により、一段と不透明な相場になってしまいました・・・

リスクが浮上したからにはリスク対策を講じておいて損はありません。

私が短期目線で注目しておきたいのは円高メリット銘柄です。

トランプ大統領のコロナ感染が報じられた際、105円60銭台で推移していたドル円が一気に104円90銭台まで上昇し、急速に円高が進行する場面がありました。

「有事の円買い」という言葉がある通り、世界規模でリスク要因が浮上した際には日本円を買う投資家が増える傾向にあります。

米大統領選が控えていることに加え、大統領の感染という二つのリスク要因があることから、資金が円へ向かいやすい状況であることは確かでしょう。

そのため、円高が追い風となる輸入品販売等を手掛ける企業に対して、リスク回避の買いがみられる可能性があります。

国内未入荷の商品や海外限定アイテムをECで展開している【3665】エニグモ、また、2日好業績を発表した海外で製品を製造し国内で輸入販売を手掛ける【9843】ニトリホールディングスなどに注目があつまる公算があります。

週明け以降もトランプ大統領の動向に注目があつまることとなりそうですが、9月29日の討論会では元気な姿をみせていましたし、体調は良好と伝わっています。

無症状且つ早期の復帰となれば、大統領復活で相場が一気に盛り上がる可能性が高いでしょう。

とにかく、回復を願うばかりです。