入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

SSLとは?

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
いきなりステーキの末路・・・
2020年05月22日 15:32
お世話になっております。株マイスターの山下です。

緊急事態宣言の解除地域が徐々に増えてきており、早ければ週明け25日に全面解除が検討されています。

約1か月半に渡る外出自粛はあらゆる業界、産業へ影響を与えることとなりました。

特に外食産業は大打撃を受けており、飲食関連銘柄の4月の月次売上が軒並み大幅減少となっています。

居酒屋チェーンを展開する【3193】鳥貴族に関しては前年同月比「-96.1%」と驚愕の数値に。休業要請により、ほぼ全店舗を閉めていたことが要因ですが、今期業績は厳しいことになりそうです。

その他にもイタリアンチェーン【7581】サイゼリヤは「-61.4%」、ガストやバーミヤンなどファミリーレストラン運営の【3197】すかいらーくホールディングスは「-58.2%」と大幅減少となっています。

意外なことに月次発表の株価への影響は限られていたことから、既に織り込み済みだったようです。

株価の面ではいきなりステーキの成功により17年にテンバガーを達成した【3053】ペッパーフードサービスが非常に厳しい状況となっています。

新型コロナウイルス感染拡大前にも、いきなりステーキの出店過多により業績が悪化していましたが、コロナ流行が追い打ちとなり、前年同月比-62.6%に減少。株価は下落の一途を辿っており、テンバガーを達成した水準から20分の1の400円台まで下落をしてます。

一方でこの状況でも売り上げを伸ばしている外食チェーンも存在します。

【2702】マクドナルドは「+6.5%」、【8153】モスバーガーは「+3.7%」と小幅ながら増加。【9873】ケンタッキーに関しては「+33.1%」と急伸しています。

これらの銘柄に共通するのはテイクアウト販売が当たり前だということ。

緊急事態宣言後、テイクアウト販売を展開する企業が増えたものの、上記企業との認知度はケタ違い。

テイクアウトと言えば「マック」、「ケンタ」と顧客に根付いたことが勝因でしょう。

これまでは店舗で食事するのが当たり前でしたが、新型コロナウイルスにより、今まで通り食事するのが、難しい状況が続く恐れがあります。今後の外食産業の在り方を変えるかもしれませんね。