入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

SSLとは?

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
本日の相場動向に関して 2020/03/26
2020年03月26日 07:51
25日のNYダウは495ドル高。2兆ドル規模の新型コロナウイルス対策法案がまもなく、米議会を通過するとの期待感から買いが優勢となりました。

一時は1000ドル以上の上昇を見せるも、取引終盤にかけては失速。空売りの買い戻しの面も強く、米国市場は安定しません。

一方で、日経平均は寄り付きこそ確定売りが優勢となる可能性がありますが、下げたところでは日銀買いによる支えが意識されます。

前日の取引ではETFの買い入れが見られなかった為に、「下げたら買う」という構図が強く意識されます。

東京都による外出自粛要請などは懸念材料視される恐れがあるものの、売り一巡後は堅調推移が想定され、後場にはプラス圏を回復するでしょう。




【1890】東洋建:23年3月期までの3年で営業益300億円
【2311】エプコ:省エネ施工会社を子会社化
【2469】ヒビノ:0.80%を上限に自社株買いを実施
【3001】片倉:今期経常を一転2%増益に上方修正
【3038】神戸物産:2月売上高は25.2%増
【3101】東洋紡:受取保険金106億円が発生
【3236】プロパスト:販売用不動産を売却
【3237】イントランス:和歌山県の販売用不動産3物件を売却
【3611】マツオカ:サハグループと戦略的業務提携
【3769】GMO-PG:GMOフィナンシャルゲートが上場へ
【3844】コムチュア:AIソリューション社と資本業務提携
【3967】エルテス:デジタルリスク管理で業務提携
【3992】ニーズウェル:クラウドシステム導入サービスを受注
【4109】ステラケミ:BNCT用薬剤の製造販売承認取得
【4350】メディシス:0.81%を上限に自社株買いを実施
【4388】エーアイ:音声合成サービスが音声広告に採用
【4536】参天薬:VEGF阻害剤で適応追加承認取得
【4582】シンバイオ:RI製剤の治験で症例登録が完了
【4849】エンジャパン:1.1%を上限に自社株買いを実施
【5711】三菱マ:中計、23年3月期に経常益750億円目標
【6031】サイジニア:今期経常を赤字縮小に上方修正
【6191】エアトリ:りそなカードと業務提携
【6237】イワキポンプ:今期経常を1%上方修正
【6503】三菱電:未定だった今期配当は40円実施
【6730】アクセル:今期経常を2.8倍上方修正
【7062】フレアス:訪問マッサージ治療院FCを子会社化
【7189】西日本FH:2.40%の自社株消却を実施
【7476】アズワン:スマートカタログを運用開始
【7587】PALTEK:5G構築用FPGA受注開始
【7685】バイセル:カタログ通販の新事業を開始
【7777】3DM:乳がん対象の治験計画届を提出
【7863】平賀:23.4%を上限に自社株買いを実施
【9206】SFJ:2月旅客数は前年同月比2.5%増の12万3846人
【9232】パスコ:今期経常を一転9%増益に上方修正
【9928】ミロク情報:信金中央金庫グループと業務提携
【9976】セキチュー:前期経常を一転32%増益に上方修正




【2590】DyDo:3月国内飲料販売函数は5.2%減
【3053】ペッパー:前期有報に後発事象の注記を記載
【3686】DLE:今期経常を赤字拡大に下方修正
【4350】メディシス:今期最終を一転赤字に下方修正
【4918】アイビー:今期営業を一転赤字に下方修正
【5703】日軽金HD:今期最終を55%下方修正
【6181】パートナーA:今期経常を59%下方修正
【6575】ヒューマンA:今期最終を一転赤字に下方修正
【6762】TDK:今期税引き前を一転減益に下方修正
【6901】沢藤電:今期経常を41%下方修正
【7299】フジオーゼ:今期経常39%下方修正、配当10円減額
【8002】丸紅:今期最終を一転赤字に下方修正
【8163】SRSHD:今期最終を一転赤字に下方修正
【8616】東海東京:未定だった今期配当は8円減配
【9792】ニチイ学館:2月サービス利用者数は0.9%減




【3966】ユーザベース:三菱地所と業務提携。一方で、第三者割当増資を実施へ