入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

SSLとは?

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
来年2月、メルカリに更なる危機が訪れるかも
2019年12月27日 17:30
お世話になっております。株マイスターの山下です。

12月はやはりIPO銘柄が大きく盛り上がりました。先日のコラムでお伝えした【4479】マクアケは強い動きが続きましたね。

そんな中、はやくも2020年最初の上場案件が決まりました。

「地元でゆずりあい ジモティー」のCMでおなじみの【7082】ジモティーです。

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ジモティーは2月7日にマザーズ市場に上場予定。想定時価総額は50億円超と目されており小型案件です。

不要となった中古品を個人間で「売る」または「譲る」募集広告を一覧で掲載する掲示板を運用している企業で、モノだけではなく、サービスや人材などを募集、掲載することも可能です。

実際にアプリを使ってみると、「0円で譲る」としている中古品がたくさん掲載されていました。引っ越しを機に不要となった電化製品などの引き取り手を募集しているものが多く、電子レンジや冷蔵庫にテレビ、ゲーム機などが多かったです。

中には、中古車や原付、バイクなどを非常に安く売っているケースもありました。

処分代を支払うよりもいっそ譲る、格安で売ったほうが得だという方が多いようです。

ちなみにジモティーは募集広告を掲載しているのみで、決済代行や配送サービスなどを展開していません。

取引をした個人が出品している家まで直接取りに行くもしくは配送してもらう。
銀行振り込みまたは直接料金を支払う流れとなっています。

【4385】メルカリや【4755】楽天が手掛けるラクマなどのフリーマーケット仲介サービスとは大きく異なるわけです。

更に最大の売りは取引手数料が「無料」ということ。

メルカリは販売手数料10%、ラクマは3.5%が売り上げが差し引かれることとなりますが、ジモティーは募集している掲示板に様々な企業の広告を掲載することで収益をあげていることから手数料が無料となっています。

そのため、ジモティーのアプリでモノを探していると間に企業広告がはさまっており、メルカリやラクマにはない使いづらさを覚えました。

ただ、出品者側にとって取引手数料が「無料」は非常に魅力的でしょう。

上場後、更に知名度が向上すれば、既存のフリマアプリからジモティーへ利用者が流れる可能性もあります。

しかしながら、完全に匿名で取引ができるのがメルカリやラクマの強み。直接的な取引となるジモティーは少々抵抗があるかもしれません。

ただ、足元でメルカリの株価は冴えない動きが続いていることから、似たような事業を展開しており、小型の上場案件であるジモティーへ資金が移る恐れも・・

ジモティーの上場はメルカリにはあまりいい影響は与えないんじゃないかと私は考えています。

来年2月なのでまだ先のお話ですが、是非ジモティーを覚えておいてください!

その他にも会員様が気になっているサービスや技術、アプリなどがございましたら、教えていただければ幸いです。

実際に私が利用し、お伝えしますので、是非コチラよりお送りください!

それではまた来週もよろしくお願い致します。

今回取り上げた銘柄・テーマ

・【7082】ジモティー

・【4385】メルカリ

・【4755】楽天

・新規上場