無料会員登録
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報
違法業者への注意喚起「不審な電話やメールにご注意ください」

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!

    【新規登録者特典】急騰注目3銘柄やテンバガー(10倍株)を無料で公開
    注目銘柄を受け取る(無料)
2024年最も下落した“超有名株”が「突然急騰」した謎
2024年06月03日 15:19

今年最も下落した銘柄


日経新聞によると、今年の1月から4月にかけて最も株価が下落した銘柄は、フリーマーケットアプリを手掛ける【4385】メルカリ。

その下落率は30%を超えており、4/19に底値を付けて以降も停滞が続いておりましたが、本日突然の急騰を見せました。

急騰の要因自体はハッキリとはしないものの、4月8日に出されたLINEヤフーの発表にヒントが隠されていました。


LINEヤフーの発表でメルカリが急騰?


LINEヤフーは、メルカリの競合のオークションサイト「Yahoo!オークション」を運営しておりますが、出品者に課す手数料を一律引き上げる事を発表しました。

発表した4月8日を受けた株価への影響は限定的だったものの、手数料引き上げが適用されるのが明日6月4日。

単純な機関の買戻しと考える事も出来ますが、一つ一つ紐解いていくと辻褄が合う材料が転がっていて、謎解きのようで面白いものです。


気になるメルカリの今後


主に海外での広告宣伝費が重しとなり、成長に鈍化が見えた事が株価低迷に繋がっている同社。

現状をひと言で言えば、海外は低調、国内は横ばい。今後の成長に疑問符が付く現状では見通しが明るいとは言えない同社ですが、思惑だけで値が動くのもまた株。

5月14日に2000円台に復帰した際は2日で値を崩しましたが、今回2000円台を守れるかが一つの焦点となるでしょう。