無料会員登録
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報
違法業者への注意喚起「不審な電話やメールにご注意ください」

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!

    【新規登録者特典】急騰注目3銘柄やテンバガー(10倍株)を無料で公開
    注目銘柄を受け取る(無料)
【7203】トヨタ自動車の危機
2024年06月13日 15:35

想定以上の危機。下落止まらず


トヨタ自動車をはじめとする自動車株の下落が止まりません。

【7203】トヨタ自動車、【7261】マツダなど5社において、車の大量生産に必要な型式指定をめぐる認証試験において不正があったと発表してからはや10日。

国の基準以上の基準で自社にて試験を行っている、国の基準がおかしいのでは?との論調に一時期は傾いたものの、国交省側は国連基準も満たしていない可能性があり、そうなると欧州でも不正となると反論。

これに対する明確なカウンターは現状出ておらず、本日も-2.52%の下落となり、その他の不正を指摘された銘柄も値を下げる一方。

当初は甘く見ていた投資家も多くいたものと思いますが、想定以上の危機かもしれません。


今年の上昇分がほとんど無くなる


トヨタの株価は、3月に付けた高値から実に700円以上値を落とす事となっており、今年に入ってからの上昇分をほとんど溶かしてしまった状況となっております。

この辺りで反発が見られれば一旦安心出来る水準ではあるものの、ホンダやマツダも含めて、これ以上値を崩す場合はどこまでの下落となるか見当もつかず、基本的には静観したい所です。

不正はもちろん正すべきですが、今や日本が数少ない世界で戦える産業と言える自動車業界の足をこれでもかと引っ張るような国交省のやり方にも疑問符が付きます。

この正念場を乗り越える反発が株価にも現れるのか、しばらくは動向にご注目ください。