入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
次の上場廃止候補は・・この銘柄だッ!
2021年11月15日 14:48
開いた口が塞がらないというのはまさにこのこと。

度々、問題を起こしてきた自称:創薬ベンチャーの【2191】テラですが、なんと2020年4月~2021年3月までの1年間のあいだに行った適時開示60件の中で合計24件に対して、事実とは異なる内容の恐れがあると指摘されていました。

この中にはテラの株価を数十倍まで暴騰させた材料=「新型コロナウイルス感染症の治療法」に関わるものが含まれており、コロナ関連のIRは全て虚偽の恐れがあります。

同社の監査法人は虚偽の資料を提示されたと訴え退任、四半期報告書が提出できなくなったことで11月11日に予定していた決算発表を見送りました。

四半期報告書は11月15日までが提出期限とされていましたが、期限には間に合わず監理銘柄に指定された同社ですが先日、新たな監査法人を選任し早期の提出を行うと発表。ただし、12月15日までに提出ができなければ上場廃止となる見通しです。

首の皮一枚で生き残ったテラ。前任者が虚偽とまで指摘した内容に対して、新たな監査法人がどこまで対処できるかは不明ですが、ここまでくると信用する投資家がいるかも怪しいところ…。

上場廃止の筆頭候補となりますので、吹き上げたとしても手は出さないようご注意下さい。