入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報
違法業者への注意喚起「不審な電話やメールにご注意ください」

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
規約違反には重い罰を。可哀想なバイオ株
2021年10月25日 13:32
創薬ベンチャーの【4883】モダリスですが、またも大株主による規約違反の売却が発覚しました。

同社は今年3月、著名個人投資家の片山晃氏がロックアップ期間中に持ち株を売却していたことが明らかになり話題になっていた銘柄です。

およそ18億円の利益を得ていた片山氏は、規約違反に対して4.8億円の違約金を支払い事態は一旦収束。

利益額に比べ違約金が少ないとの不満が株主から出ていましたが、追い打ちをかけるように発覚したのが、元社外取締役で創業科学者である濡木理氏によるルール違反の売却です。

19日付で公表された大量保有報告によると、保有割合は13.74%⇒12.68%へ▲1.06%減少した事が明らかになりました。

片山氏の問題を受けた後に、濡木氏も役員在任中の取締役会において確認を行っていただけに今回の売却は悪意を持って行われた可能性が指摘されています。

大株主に恵まれなかったモダリス…事業内容は成長期待が大きいものの、投資家の印象が悪く業績や成長性とは異なる面での売りが続いています。

適正価格で評価される日はいずれ訪れるのか。。。ライセンスアウトが近いと見られていただけに惜しいところです。