入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

SSLとは?

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
菅総理を追い詰める村上ファンド
2021年06月11日 13:12
【6502】東芝の経営陣が昨年7月の定時株主総会において、「物言う株主」に対して不当な圧力をかけていたとする調査報告が公表され波紋を呼んでいます。

旧村上ファンド系の筆頭株主:エフィッシモ・キャピタル・マネジメント(物言う株主)の人事案が、昨年の株主総会で否決されたことに対して、外部の弁護士などが調査を進めていました。

今回の報告によると、エフィッシモへの対応について東芝は経産省に支援を要請し、菅義偉官房長官(現首相)にまで説明、政権と一体となって阻止しようとしたとしています。

「強引にやれば外為(改正外為法)で捕まえられるんだろ?」

昨年7月27日の朝食会に出席した東芝幹部に対し、菅総理がエフィッシモへの厳しい見方を示したと報告されており、疑念が深まっています。

菅総理は記者団の質問に対して「全く承知していない。そのようなことはあり得ない」と答えており、真偽の程は定かではありませんが東芝にしろ、現政権にしろ、信頼を失ったのは明らか。 東芝の株価は11日の取引で小安く推移しました。

一方で、衝撃の内容を報告したエフィッシモ(旧村上ファンド)に対する関心は高まっており、関連株への物色が期待できそうです。

足元では【5017】富士石油や【7516】コーナン商事に対して、旧村上系の保有が明らかになり高騰する場面が見られています。

東芝問題の結末は抜きにしても、新市場へのルール変更やコーポレートガバナンス・コードの改定があり今年の株主総会は、例年以上に物言う株主が脚光を浴びる場面が増えると考えています。

旧村上系の銘柄だけでなく「重要提案行為」を保有目的とする株主が控える銘柄は、総会前後で大きく動く可能性がありますので動向に注目しておきましょう。