入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

SSLとは?

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
バイデン砲が遂に発射!?米国株に大きな動きが・・・
2021年04月23日 16:43
お世話になっております。株マイスターの山下です。

ここまで主要指数の史上最高値を更新してきた米国市場ですが、バイデン氏の一言により暗雲が立ち込めています。

22日、米バイデン政権は富裕層を対象にキャピタルゲイン課税(株式など有価証券の譲渡益に対する課税)を現在の20%から約2倍の39.6%に引き上げる方針と各メディアが伝えました。

これを嫌気した売りが続き、22日の米国市場は大幅下落を記録しました。

弊社のコラムでも何度も取り上げていましたが、バイデン氏の増税案に関しては大統領選時から掲げられてきたことであり、米国市場は織り込んだ上で上昇を続けてきたのかと思っていましたが、そんなことはないようです・・・

特に足元では高値圏を推移していることから今のうちに益出ししておこうと機関投資家が売却を進める恐れもあります。

仮に100万円の利益が出てた場合でも課税により約40万円も持っていかれてしまうのはちょっーとやりすぎですよね。

現時点では4月28日に控える議会前演説にて詳細が発表される見通しであり、それまでは落ち着きのない動きとなりそうです。

そしてもう一つ来週の米国市場には注目イベントがあります。それはGAFAMなど世界的企業による決算発表です。

すべて現地時間ですが、26日にはテスラ、27日にはマイクロソフト、アルファベット28日はフェイスブック、29日にはアマゾン、30日にはアップルの決算発表が控えています。

米国市場が大きく動けば東京市場にも影響を与えることとなりそうですが、好業績が確認されれば関連銘柄や同業種へ資金が向かう公算があります。

最近は米国市場と東京市場の連動性が以前ほどではなくなっていますが、来週は注目してみましょう。