入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

SSLとは?

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
産業スパイで怒り心頭!制裁金は1000億へ!
2021年05月07日 09:45
【9434】ソフトバンクは5月6日、【4755】楽天グループの子会社:楽天モバイルと楽天モバイル元社員に対して、ソフトバンク社を退職時に持ち出した営業秘密の利用停止および廃棄等、ならびに約1,000億円の損害賠償請求権の一部として10億円の支払い等を求める民事訴訟を東京地方裁判所へ提起したと発表しました。

今年1月、楽天モバイルに勤務していたソフトバンクの元社員が不正競争防止法違反の容疑で逮捕、技術情報を不正に持ち出していたことが明らかになりました。

楽天モバイルの業務用PC内で営業秘密が保管されていた為、何らかの形で利用されていた可能性が高いとしソフトバンクがスパイ容疑を訴えていました。 ⇒詳細はこちらでご確認下さい。

ここにきて損害賠償額が提示されましたが、金額はなんと「1000億円」!

つい先日、【7974】任天堂が【3668】コロプラに対して特許侵害で請求した「96億円」のおよそ10倍の額に、さすがの楽天も黙ってはいないはず・・はい、すみませんと簡単に認めて全額を支払うとは考えにくいので、キャリア大手同士の争いに発展することになりそうです。

ソフトバンクにとっては大したネガティブ要因にはならないでしょうが、楽天は総会で株主から批難が相次ぐことも予想され厳しい環境が続く恐れがあります。

ECやクレジットカードなど、成長分野は手掛けているものの、この問題が解決するまでは楽天株に手を出すのは控えておいた方が良さそうです。