入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

SSLとは?

  • 株女子「めぐみ」プロフィール
    ──────────────
    大学卒業後、大手企業に入社し経理事務に従事したのちSQIジャパンに入社。現在、女性アナリストを目指しアシスタントを務めながら日々勉強中。 負けず嫌いで男勝りな性格ながら、趣味は料理という女性らしい一面も。

2020年04月06日 〜 2020年04月12日 投稿分
第293回:リスク分散してますか?
2020年04月06日 15:23
みなさん、こんにちは。株女子めぐみです♪

当たり前すぎて怒られそうですが、リスクを減らして、投資する事はとても大事な事です。

この考え方は金融庁のHPでも「投資の基本」としても推奨されていて、株式投資で言えば1つの銘柄に投資するのではなく、性質が異なる複数の銘柄に投資する事でリスクを減らすこという事になるかと思います。

株式投資のリスクは主に、3つあります。
・株価の変動リスク
・企業の倒産リスク
・売買不能リスク

「企業の倒産リスク」は、その企業の財務状況等を確認すればある程度、予測できるのかもしれませんが、「売買不能リスク」は、システム障害により売買が出来なくなるリスクで、原因が証券会社だけではなく、東京証券取引所などの取引所や海外業者に起因する場合もありますので、ほぼ予測不可能です(^_^;)

ですので、信頼できる証券会社を利用していきましょう(^^)

この様な「企業の倒産リスク」や「売買不能リスク」が実際に生じることは稀ですが、もし生じた場合には非常に大きなダメージを被ります。

また、最も頻繁に生じる「株価の変動リスク」ですが、決算発表の結果が良くても株価が下がってしまう事があるように、常にリスクが伴っていますので、まずは損切(ロスカット)ルールを決めておく事が重要かと思います。

「株価の変動リスク」を減らすためにも分散投資をしていきましょう。
同じような銘柄を複数持っていても、リスク回避にはなりません。


例えば、為替に着目してリスクヘッジを獲る場合は、円高によりメリットを得る企業と、円安によりメリットを得る企業を保有するなどはいかがでしょうか?

円高によってメリットを得る業種は、原油、大豆、トウモロコシなどの輸入食糧、輸入家具、原料を輸入する紙・パルプ、輸入木材などがあります。

円安によってメリットを得る業種は、自動車、電機、精密機器、機械など輸出企業があります。

この様な相反する業種の銘柄を保有する事でも、リスク回避ができますね。

為替リスクで考えますと、円安に振れることで好業績が期待できる【6301】コマツ、円高に振れることで、好業績が期待できる【5019】出光興産なんて、いかがでしょうか?


他にもリスクを抑えながら取引をする方法は色々あるかと思いますが、リスクを小さく「損小利大」のトレードを目指しましょう。

それでは、今日はこの辺で失礼します☆