入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

SSLとは?

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
元社長が逮捕されるも影響は・・
2021年02月08日 13:46
【2702】日本マクドナルドHDの社長や【9783】ベネッセHDの会長兼社長などを務めた原田泳幸容疑者(72)が6日、妻に暴力を振るったとして暴行の疑いで警視庁に逮捕されました。

5日、東京都内の自宅で50代の妻に対して足を殴るなどの暴力を振るったとして暴行の疑いが持たれています。

原田氏と言えば、1997年に経営不振に陥ったアップル日本法人をV字回復へ導いた敏腕経営者。 銀座にアップルストアをオープンさせたのも氏の功績で、こんにちのアップルブームの立役者と言っても過言ではありません。

その後も、行き過ぎた安売りで失墜した日本マクドナルドHDや個人情報が流出したベネッセの回復に貢献してきた人物で、過去には優れた広報を実践した経営者へ送られる「企業広報経営者賞」を受賞していました。

最近ではタピオカミルクティーを手掛けるゴンチャジャパンの会長兼社長兼CEOに就任し、現在の55店舗から数年で400以上へもっていくとという目標を掲げていましたが、自身の逮捕という思わぬ事態にコロナショックも重しとなり実現は難しそうです。

皮肉にもこの報道が出た翌営業日である8日の取引では、日本マクドナルドHDやベネッセは足元の業績が評価されて急伸していました。

退任した経営者の逮捕などどこ吹く風。反対に、敏腕経営者が70歳で就いた若年層向けビジネス:ゴンチャジャパンは・・思わぬ形で名前が知れ渡ることになりそうです。