入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
日本株にも影響アリ!?イーロンマスク氏とテスラに注意
2021年11月12日 15:56
お世話になっております。株マイスターの山下です。

これまでもマーケットの話題に上がることの多かった米電気自動車テスラの創業者「イーロン・マスク氏」がまたもや驚きの行動に出ました。

同氏は6日、自身のツイッターにて「含み益は租税回避の手段と言われており、保有するテスラ株の10%を売却することを提案する」と投稿しました。

更にアンケート機能を利用し、売却に関して「はい」、「いいえ」で投票すること促しました。

その結果、賛成が約6割となり、8日以降、テスラ株は連日で急落する展開に。その結果、NY市場のハイテク株に対して警戒感が広がり、ナスダック総合が下落したほか、東京市場のマザーズが弱含んだ要因の一つではないかという見方もありました。

更に10日には開示された書類で実際に1250億円相当分が売却されていたことが判明しています。

マスク氏はなぜこのような行動を取ったのか?

同氏はテスラ株の上昇により、世界一の資産家となりましたが、公平な税金を負担していないという批判が強まっていました。

こうした批判から、同氏は現金での給与やボーナスを受け取っていないとし、税金を払うには株を売るしかないとツイート。今回のような行動をとったようです。

ちなみに、今回売却した株式は保有分の1%未満となっており、今後も税金支払いのために、売却する恐れがあると考えられます。

先述の通り、テスラのナスダック総合に対する影響力は大きく、東京市場のハイテク、新興株へも波及する恐れがあります。

しばらくはマスク氏、そしてテスラの動きには注意が必要でしょう。