入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
今、最もリスキーな売買方法かも・・・
2022年12月23日 15:27

12月は新規上場する企業が25社とIPOラッシュとなることは弊社のコラムや株式情報サイトでも盛んに取り上げられていましたが、どうにもIPO銘柄の雲行きが怪しくなっているようです。

それもそのはず。日銀がサプライズで金融政策変更して以降、全体相場は大きく調整を強いられており、グロース株への影響力の大きなマザーズ指数に関しては約2ヶ月ぶりの水準まで値を落としています。

日銀の発表翌日に20日に上場したメディアプラットフォームを手掛ける【5243】noteやマーケティング企業の【5242】アイズはなんと初値形成後、ストップ安をつける展開に。

同日に上場した【2937】サンクゼールのように上昇している銘柄はあるものの、多くのIPO銘柄で荒い値動きが続いています。

指数への影響力が非常に【5032】ANYCOLORは決算発表による材料出尽くし、そして日銀のネガティブサプライズにより、6月に上場したばかりにつけていた水準まで急落しており、同社株の動きも悪影響となりそうです。

来週にも6銘柄が上場予定ですが、年末ということもあり、相場のボラティリティは通常以上に高まっています。セカンダリーを狙う場合にはリスク覚悟で取り組む必要があるでしょう。