入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
夏本番!サマーストックに新たな顔ぶれ
2021年07月15日 13:33
7月も中盤に差し掛かり、いよいよ夏本番を迎えた日本列島。

2021年の夏季(7~9月)の気温は、広範囲で平均並か平均よりやや高いと見られており、全国的に暑い夏が予想されています。

今年の暑さのピークは7月下旬と8月下旬と言われており、猛暑の到来が近づいていますが・・この時期、株式市場でも"暑い"盛り上がりを見せるのが「サマーストック」と呼ばれる猛暑関連株です。

気温上昇に伴い売上の増加が見込まれる企業など夏に買われやすい銘柄を指し、例えば、アイスクリームの【2268】B-Rサーティワンアイスクリームやミネラル麦茶の【2901】石垣食品、エアコンの【6367】ダイキン工業や日焼け止めの【4027】テイカなどが挙げられます。

昨年同様に、今年はマスクを付けたまま猛暑を乗り切らなければいけないので、例年以上に水分補給や冷感対策が必要。 飲料水の【2587】サントリーや冷却シートの【4967】小林製薬などには特需が期待できるかもしれません。

■New!サマーストックはこんな顔ぶれ

ここまでは一般的なサマーストックをご紹介してきましたが、近頃は夏に買われる銘柄に変化が見られています。

例えば、コロナが感染する前から毎年、夏には「感染症」が取り上げられてきました。

蚊を媒介とするジカ熱やデング熱、マラリアの流行が警戒され、その度に【4998】フマキラーなどの殺虫剤関連が高騰。

今年は外出自粛の影響もあり、蚊の被害は限られることになりそうですが、来年以降、コロナが収束した後は夏の風物詩として高騰する場面が見られるかもしれません。

また、これは少し嫌な話ではありますが、夏に特需を発生させているのが「災害」です。

とりわけ、夏季には豪雨や台風が頻繁に発生しており、日本全国で甚大な被害をもたらしています。 つい先日も豪雨に伴う水害が熱海を襲いましたが、まだまだ夏季の災害には注意しておく必要があります。

下水管の【3526】芦森工業や浸水対策を手掛ける【5290】ベルテクスなどは資金を集めており、災害関連としての位置づけを強めています。 今後も似たような形での物色が続けば、新たなサマーストックとして毎年物色を集めることになりそうです。