入会案内
ログイン
会員ID・パスワードを忘れた方>>

メールが届かない方へ
無料銘柄相談

保有中の銘柄動向、対処法などお気軽にご相談ください。弊社アナリストが無料診断させて頂きます。


サービスに関するお問合せ

基本的なことから専門的なことまで、どんなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。


なお、よくある質問は専用ページにて解説してありますので、合わせてご確認下さい。

スタートガイド
証券用語集
市場情報

  • マーケットで話題の思惑株・材料株・注目株をピックアップ!関連株と共に銘柄の動向をお伝えします!
日経平均を大きく下げる犯人
2021年07月16日 11:31
お世話になっております。株マイスターの山下です。

本日の日経平均株価は一時400円を超える急落をみせる展開に。

指数を押し下げた犯人は【9983】ファーストリテイリングでしょう。

15日に発表した21年8月期第3四半期決算は営業利益2278億円(前年同期比72.5%増)と大幅増益での着地となりました。

しかしながら通期計画に関しては2550億円→2450億円と下方修正を発表。3月~5月期以降、国内ユニクロ事業の業績が下振れしていることが影響したとしています。

緊急事態宣言の長期化に加え、足元ではコロナ感染が拡大していることで、今後も同じような状況が続く恐れも・・・

ワクチン接種の加速により、経済活動再開の期待感が高まったものの、国内はもうしばらく時間を要する可能性があります。

国内中心で展開している企業で決算を控えている企業は少々注意が必要かもしれません。

一方、グローバル展開している企業は好業績を発表。

【6506】安川電機が9日に発表した22年2月期第1四半期決算は営業利益129億円(前年同期比2倍)と急拡大して着地。合わせて通期計画を420億円→540億円(28.6%増)と上方修正しています。

グローバルにおいてコロナ禍からの正常化が進み、設備投資が回復。中国や欧米での需要が旺盛となったことを理由としています。

決算狙いの短期売買を進める際には海外で多く事業を展開している企業が狙い目でしょう。

ファーストリテイリングの決算によって、日経平均株価はしばらく軟調に推移する恐れがありますが、それは同社の指数寄与度が大きいからであり。全体相場が極端に悪化しているわけではありません。

好業績にも関わらず、地合いにつれ安して安く推移している銘柄があれば、押し目買いの好機と言えます。